加齢によって薄毛になるのはなぜ?

薄毛といえば、中高年の方をイメージする方が多いかと思います。実際に加齢による薄毛はごく自然なことであり、薄毛の原因としても最も多いのは加齢によるものです。加齢による薄毛には、男性のイメージが強いかもしれませんが、女性であっても加齢により薄毛に悩まされることは多いものです。

何故、加齢によって薄毛になるのでしょうか。歳を重ねるごとに、体の様々な機能が低下していくことは自然なことです。血行や代謝も悪くなっていくため、髪の根本への栄養が届きにくくなります。

髪の毛の根本には「毛乳頭」という細胞があり、そこから髪の毛が生えるのですが、加齢と共にその毛乳頭の働きも弱くなってしまいます。


本人にとっては気になるもの

40代から50代の時期に、体の機能がガクっと衰えてきます。この頃に髪が薄く、細くなってきて薄毛が気になり始めるという方も多くなります。動脈硬化やコレステロールなどにより、動脈の弾力性が低下したり、血液の循環が悪くなる時期にあたるためです。

60代になると、頭髪だけでなく体毛も薄くなります。これを老人性脱毛症と呼びます。脱毛症とはいっても、特別な病気などではなく自然な変化です。 加齢による薄毛は特別なことではなく、ごく自然なこと。そう分かってはいても、本人にとっては気になるものです。

対処法としては、働きが鈍くなってしまった毛の根元にある細胞を活性化することです。その方法としては、マッサージなどが挙げられます。他にも、脂肪分の多い食生活をあらためて野菜を多く摂るように心掛ける、夜はなるべく早く就寝するなどが対策として挙げられます。